人気の結婚指輪の選び方【通販で選ぶカップルも】

工法から選ぶ

手をつなぐ人

鋳造法と鍛造法

このところ結婚指輪の新たなトレンドとして、手作りの結婚指輪が注目を集めています。この場合の手作りというのは職人の手作業で作るという意味ではなく、購入する自分たちが作る、いわゆるハンドメイドという意味での手作りです。比較的新しいサービスであり、一般的なってきたのはここ最近の事です。背景には個性重視の風潮や、ハンドメイドECサイトの普及によって、手作りで宝飾品を作る人が増えた事などがあります。既製品の結婚指輪に好みのデザインが無い人や、イベントとして制作体験をしてみたい人などにお勧めのサービスです。こうした手作り体験が出来るのは、専門のジュエリー工房になりますが、最近の注目の高まりを受けて増加傾向にあります。工房を選ぶ際には、どの程度までオリジナリティを出したいのか、また仕上がりのイメージはどのようなものか、などを明確にしておく必要があります。結婚指輪の製造には、主に鋳造法と鍛造法の2種類の工法があります。鋳造法はいわゆる鋳物で、ワックス型を削って原型を作り、それを元に作られた鋳型に金属を流し込んで成型します。一方鍛造法は棒状、あるいは板状の金属をハンマーで叩き、指輪の形に成型していく手法になります。手作りの結婚指輪では、主に鋳造法が用いられていて、原型となるワックス型を削る部分までを体験する事が出来ます。この手法は制作の自由度が高く、かなり個性的な結婚指輪でも作ることが出来ます。一方で鍛造法の場合、工法の都合上シンプルなスタイルに限定されます。しかし後で鋳造する手間が無いので、その場ですぐに持ち帰れる手軽さがあります。出来上がりのイメージがハッキリしているなら鋳造法、イメージはないけどとりあえず指輪を作ってみたい、あるいはシンプルな指輪がいいという場合は鍛造法、と考えておくと良いでしょう。

Copyright© 2018 人気の結婚指輪の選び方【通販で選ぶカップルも】 All Rights Reserved.